ホーム>コーティング

コーティング

キングベールガラスコーティングの撥水効果

    

塗料を塗料で守るという新しい発想のボディー保護システム

TTクリア工法は一貫した講習を元に、極力塗装を薄くせず傷を消し、塗装の光沢復元むやみに傷を消すために塗装を沢山削るようなことは行なってません。
削ることは最終手段であり、塗装を削れば二度と戻りません。
我々は極力削らない特殊な工法を学びました。高品位クリアー樹脂(TTクリア)を丁寧に密着させクリア層を作り上げます。
塗装膜厚を上げ、純正塗装へのダメージを軽減させます。

ガラスコーティングでは作れない圧倒的な膜厚

ガラスコーティングでは作れない圧倒的な膜厚

高品位クリアー樹脂を使用していますので皮膜感も通常のガラスコーティングとは比べ物にはなりません。
左写真のようにスクラッチだらけの塗装でも見事にITクリア工法で復元。
塗装が最強の保護ですから、本物の塗料を使用し汚れの侵食を防ぎます。ITクリア層あるがゆえにオリジナル塗装を長期的に保護することができます。更に、コーティング剤である硬化剤+α高濃度で圧倒的な膜厚と防汚性を作り上げます。

 

ガラスコーティングのデメリットを克服した硬化剤+αアルファコーティングで防汚性をUP

TTクリアーコート施工後は、水ジミや擦り傷等が非常につきにくくなります。
もし、ついてしまった洗車傷はTTクリアについているキズであり再補充することで研磨することなく再補充が可能です。
最新塗装の伸縮にも追従する弾性ナノ粒子である硬化剤+αアルファコーティングを使いベストな状態にし、防汚性を高めます。
私たちはコーティングというカテゴリー全てにおいて完全に差別化しています。
これが本当の「塗装のための保護」ではないでしょうか?

工後は何回でも塗装を削ることなく「補充」のみで何年も綺麗に

工後は何回でも塗装を削ることなく「補充」のみで何年も綺麗に

このコーティング剤最大の特徴はナノ・オーダーの粒子に粘性を持たせ、粒子が直接表面に付着する点にある。この粘着性を持たせた直径12nm(ナノメーター)の粒子コーディング剤の1mmの間に推定80,000粒存在

TTアルミコート

アルミホイールも専用ケミカル剤を使いブレーキダストや水垢を除去し硬化剤+α高濃度を施工し汚れの付着からアルミホイールを守ります。

TTガラス撥水コート

ガラス面のウロコ油膜を取り除きガラス面も硬化剤+α高濃度を施工し定期的なメンテナンスを行うことで1年半以上の耐久性をお約束いたします。

 

PAGE TOP